口腔ケアで健康を保とう!~歯をきれいに保つためには?~

6月4日~6月10日は「歯と口の健康週間」といわれており、

口腔ケアをすることで歯の寿命を延ばし、健康の保持増進になります。

口腔ケアときくと、歯を磨いてきれいにすることというイメージを

持つ方が多いのではないでしょうか。

口腔ケアは歯を磨くだけではなく、口回りの筋肉を鍛えることで

食事が美味しく食べられたり、高齢者の方に多い誤嚥や

認知症を防ぐことにもつながります。

いつまでも自分の好きな食べ物を美味しく食べたいですよね!

しっかりと歯を磨いて、お口の体操をするだけで

簡単に健康の近道になります。

まずは、歯を磨くポイントをご紹介いたします。

歯を磨くポイント

歯をよりきれいに磨くために大切なのは、 自分に合った歯ブラシを

選ぶことと、磨き方のコツをおさえることです。

①歯ブラシの選び方

歯ブラシは、人によって大きさは変わりますが、

形が小さめ(前歯3本くらいの長さ)だと動かしやすく、

奥までしっかりと磨きやすくなります。

毛先が細くやわらかめ~ふつうの硬さにすると

歯の間に入りやすくなります。

②磨き方

磨き方は、様々な種類がありますが、歯ブラシの毛先を

歯と歯ぐきのあいだにいれて優しく力を入れないで

歯に沿って歯ブラシを動かす方法がオススメです。

この磨き方は歯茎のマッサージや、歯間の汚れを

落しやすくするので、歯磨きが気持ちいいと感じます。

お口の体操

高齢者の方ですと、「噛む・飲み込む・話す」といった

口腔機能が衰えてきます。

口腔機能が衰えてしまうと、誤嚥などをしてしまう可能性が

高くなるため、お口の体操がオススメです。

お口の体操の一部分を紹介いたします。

①口の周りの体操

・無理のない範囲で口を大きく開けたり、閉じたりします。

・「ウ」の発音のときのように口をすぼめて、

「イ」の発音のときのようにくちを横にひきます。

②頬の体操

頬を膨らませたり、へこませる動きを何回か行います。

水を含んでお口の中をブクブクさせながらでも大丈夫です。

この体操をすることで口回りの筋肉が衰えにくくなります。

いつもの歯磨きにすこしだけ意識するだけでさらなる健康に

繋がりますのでぜひどんな年齢の方でも口腔ケアを

実施してみて下さい!

さいごに

毎日歯を磨いていても、見えない隙間には歯垢などが

溜まっていたりしますので、定期的な歯科検診をおススメします。

歯が20本以上あると食生活に不便なく満足することが

出来ると言われておりますので、今からお口の健康を維持しながら

美味しい食べ物を食べて元気に過ごしましょう!

【スリーSみまもりサービス】1ヶ月無料お試しキャンペーン申込受付中

見守りの商品・サービスは、親御様・ご家族、お二方に納得して頂きたい

お一人で使用される商品・サービスであれば、ご本人だけが確認し、納得して頂ければいいのですが、見守りの商品・サービスは、親御様・高齢者と見守るご家族等に、実際の操作感・使い勝手や機能が十分に備わっているか等、確認が必要になります。

だから、私たちは、ご契約する前に十分に試して頂きたいと考えております。

親御様・高齢者と見守るご家族等、お二方にご納得して頂き、ご契約して頂けるお試しキャンペーンをご用意しました。ぜひこの機会にお試しキャンペーンをご活用頂ければと思っておリます。

かんたんでお手軽、シンプルだけど十分な機能「みまもりサービス」をぜひ試してみませんか?


1ヶ月無料お試しキャンペーンお申込み

SNSでもご購読できます。