自宅でお花を楽しもう~花の癒しの効果とは?~

春の日差しが心地よく、過ごしやすい気温になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

各地で満開を迎えた桜ですが、

今年もゆっくりお花見をすることは難しそうですね。

春は桜だけではなく、たくさんのきれいなお花が

咲き誇る季節です。

外で桜を見ることが難しいときはお家で

お花を楽しむのはいかがでしょうか。

そこで今回は、お家でお花見をしたくなる

お花の癒しの効果についてご紹介いたします。

お花がストレス軽減に

最新の研究データによるとお部屋にお花がない人に比べて

お部屋にお花がある人の神経活動は

ストレス時に高まる交感神経の活動が25%抑えられ、

リラックス時に高まる副交感神経の活動が29%高まることが

確認され、お花に癒し効果があることが証明されました。

お花の匂いはリラックス効果、鎮静効果があるので

お部屋に飾るだけでストレスが軽減するようです。

参考文献:農林水産省「特集1 楽しみませんか?もっと花のある暮らし(1)」

 

お花をお家で飾るポイント

ちょっとした空間に切り花を添えるだけで

いつものお家が癒しの空間になります。

癒し効果もあるお花を長く持つためのポイントを

ご紹介いたします。

①お花を飾る容器は洗剤でしっかり洗って使用

①お花の長さは、水を吸いやすくなるように茎を短くカット

②エアコンの風や日光に直接当たらない場所に置く

③水は1日1回替える

鑑賞期間は季節によって違うので注意が必要です。

夏:4日~5日

冬:1週間~10日ほど

気温が25度以上だとお花の持ちが悪くなってしまいます。

ちょい足しテクニック

温度も大切ですが、茎の先に雑菌が繁殖しないために、

ハイターやお酢をいれると長持ちするようになります。

また、お水を変えるときに一緒に茎を斜めカットします。

茎の先端が新しくすることで新鮮な水を吸いやすく

きれいな状態でお花をキープできます。

参照文献:農林水産省

「特集1 花(3) 早朝から夜間まで大忙し 花屋さんの一日」

2020日本花き振興協議会 「#花のABC」

いろんな器でおしゃれに飾る

お花を飾る時に、花瓶がないから新しく買わないといけないと

思われている方も多いかもしれません。

新しい花瓶を買うのも雰囲気が変わるのでお勧めですが、

花瓶である必要はありません。

ご自宅にある水を入れられる器があれば

何でも花を生けることができます。

下記のリンクからは、意外な器でお花を生けておりますので

ぜひ参考にしてみてください。

 2020日本花き振興協議会 「#あれもこれも花瓶」

 

さいごに

お花を飾るのは特別な日だけというイメージもありますが、

お花を飾るだけでも雰囲気が変わります。

日常生活のちょっとしたアクセントに是非お家に飾って、

お花見を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

【スリーSみまもりサービス】1ヶ月無料お試し申込受付中

見守りの商品・サービスは、親御様・ご家族、お二方に納得して頂きたい

お一人で使用される商品・サービスであれば、ご本人だけが確認し、納得して頂ければいいのですが、見守りの商品・サービスは、親御様・高齢者と見守るご家族等に、実際の操作感・使い勝手や機能が十分に備わっているか等、確認が必要になります。

だから、私たちは、ご契約する前に十分に試して頂きたいと考えております。

親御様・高齢者と見守るご家族等、お二方にご納得して頂き、ご契約して頂けるお試しキャンペーンをご用意しました。ぜひこの機会にお試しキャンペーンをご活用頂ければと思っておリます。

かんたんでお手軽、シンプルだけど十分な機能「みまもりサービス」をぜひ試してみませんか?


1ヶ月無料お試し申込み

SNSでもご購読できます。