スリーSみまもりサービス端末「Type-s」の特徴とは?

こんにちは。

見守りセキュリティ窓口です。

今回はスリーSみまもりサービスの端末「Type-S」をご紹介します。


離れて暮らすご家族を見守る、「高齢者見守りサービス」は多種多様ございます。

スリーS見守りサービスでは「Type-s」という端末を使って離れて暮らすご家族を見守ります。

WEBサイトを見たが、よく分からないという方に、機能や端末のサイズなどをご紹介いたします。

スリーSみまもりサービス端末「Type-s」

Type-sにはセンサーが内蔵されており、異常があった場合に家族へメールでお知らせします。

「Type-s」のメリット

・工事がいらない

工事が必要ありません。家に傷がつくことなく設置することができます。

ご家族で設置ができるので知らない作業員がご自宅に訪問して作業することもございません。

・ネット回線や電話回線がいらない

端末にSIMカードが内蔵されている為、インターネット回線(Wi-Fi)が無くても利用できます。

インターネット回線を使用した見守りサービスでは、新たにインターネット回線を用意しなければならなくなり、1ヶ月4000円ほど費用がかかってしまいます。

「Type-s」は新たにインターネット回線を用意する必要がありません。

・端末サイズがコンパクトで邪魔にならない

横18cm×縦12cmの端末サイズなので部屋の邪魔になりません。

重さは500gなのでペットボトル1本分です。

スマートフォンと比べるとこんな感じです。

iphone6sの高さよりも低いです。

MCPCアワード受賞

見守りサービスは、MCPCアワードのネオ・トレンド賞を受賞しました。

モバイルシステムやM2M/IoT技術の導入による「先進的なモバイル活用」「社会貢献推進」などについて、

その先進性や技術力を高く評価いただきました。

最後に

Type-sの端末の特徴やサイズをご紹介しました。

離れて暮らすご家族にはどんなサービスがあっているのか充分にご検討頂ければと思います。

ちなみにスリーSみまもりサービスでは無料お試しキャンペーンを実施しています。

どんなサービスなのかを知る為に、WEBから手軽にお申込みできます。

スリーSみまもりサービスお試しキャンペーン申込

SNSでもご購読できます。